創業期の労務管理を「わからない」で終わらせない
〜社長の「君でよかった」と、社員の「ここでよかった」を実現する〜

事務所の3つの強み



創業期の労務環境を
プロの視点でととのえます


やらなくていい作業を
クラウドツールにまとめます


必要な作業をピンポイントで。
正確に迅速に対応します

さまざまなクラウドツールに対応可能です


可美社会保険労務士事務所
4つのサービスカテゴリ


会社設立時一括おまとめサービス

多忙な経営者にかわり、保険関係成立届、雇用保険の適用事業所設置届や行政手続きなど、最低限必要な手続きをまとめてお引き受けします。

はじめて労働者

大きな会社も、ひとりの従業員から始まります。はじめての雇用時に必要な手続きを、経験豊富な社労士がまとめてサポートします。

日々の労務管理

勤怠管理、給与計算、労務手続きなど、日々発生する労務管理業務に対応します。業務効率化のためのクラウド導入もサポートします。

会社の基礎をととのえる

就業規則作成、人事制度構築、ハラスメント防止対策、助成金申請など、会社の根幹となる施策のご相談と、導入・運用をお手伝いします。

可美社会保険労務士事務所からのご挨拶


所長 社会保険労務士 中村和代

会社の種をまくのは社長です。種をまいただけでも芽は出ますが、大半は放置され、育たなかったり、枯れたり、多くの実りが無かったりということもあります。しかし専門家が「いまの会社」に必要な要素をお伝えし、必要なしくみやシステムの導入をお手伝いし、「水や肥料を与えるように」会社に必要なアドバイスを提供することができれば、きっと会社は大きく育ちます。

可美社会保険労務士事務所では、創業期の会社の支援を得意としております。会社が栄養不足になる前、初期の段階から労務環境をととのえておくことは、会社の成長において大切だと考えております。業務を支え経営を行うのは社長です。その活動を支えるために、社会保険労務士を活用ください。

お渡しできる肥料や水は、社会保険労務士によって分量も質も変わります。すべての経営者さまが、相性のよい社会保険労務士と巡り会い、会社の土壌を豊かにしていただくことを願っております。


中村は、浜名郡可美村に生まれ、幼稚園・小学校・中学校とすべて「可美」と名のつく校で育ちました。これまで住所を変更したことはなく、可美地域の人も環境も大好きです。

浜名郡可美村は、ゴミ処理問題がきっかけとなり、平成3年に浜松市に吸収合併されました。合併前は「村」にもかかわらず、二輪・自動車メーカースズキの本社他、大企業の工場があることにより財政的にも豊かな村で、学校設備もととのっており、充実した環境の中で幼少期を過ごすことができました。

この地域で生まれ育ち、地元を愛しながら事務所を経営しておりますが、社労士業務はオンラインで全国対応しております。「近くも遠くもしっかり見られる」、そのような社労士事務所でありたいと思い、私が私である基盤をつくってくれた「可美」の名前を事務所名に取り入れております。