従業員が新型コロナに感染したときに必要な対応と手続きについて

従業員が新型コロナウイルスに感染し、会社を休んだ場合、賃金はどうなるのでしょうか。
有給休暇や特別休暇を使用できない場合には、会社から賃金が支払われないため、その期間分の補填が出来る場合があります。申請先は、感染経路の違いによって異なります。

1.私的な行動による感染(家族間感染など)
2.企業内での感染(社内クラスター感染など)

1の私的な行動による感染とは、家族間や友人知人との接触により感染してしまった疑いが強い場合です。
この場合は、健康保険の傷病手当金の申請が出来る可能性があります。
傷病手当金は感染した従業員さんが自分で申請を行うことが出来ます。

2の企業内での感染とは、職場内で同僚や顧客から感染してしまった疑いが強い場合です。
この場合は、労災保険の休業保障給付の申請が出来る可能性があります。
労災休業補償給付は会社が申請を行います。

どちらのケースでも、その状況よって判断されますので、詳しくはご相談ください。

困りごとをお抱えの企業さまは、お任せください。
まずは無料でご相談いただけます。



  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる